通関士 難易度と合格率

通関士勉強法

通関士の難易度と合格率!これが難易度の実態!

現在の国家資格は非常に難易度が高くなっています。
一昔前なら、少しの勉強でも合格できる資格がありましたが、現在ではほとんどありません。
その中でも通関士は難易度の高い部類の資格になり、しかも難易度は年々高くなっています。

では、そのようなことを証明するために合格率を見てみます。

年度 受験者数 合格者 合格率
平成16年 10,191人 1,920人 18,8%
平成17年 9,953人 2,466人 24,8%
平成18年 10,357人 725人 7,0%
平成19年 10,695人 820人 7.7%
平成20年 10,390人 1,847人 17.8%
平成21年 10,367人 807人 7.8%

このデーターを見てもわかるように、一時期は10~20%台になることもあったのですが、
ここ数年では、1ケタ台が多くなりました。
当然それに伴い、合格者の数も減り1000人も合格できない試験になっているのです。

しかし、合格率が低いのは何も試験が難しいだけと言うわけではありません。
受験者のレベルも影響しているのです。

皆さんもご存知の通り、通関士には受験資格がありません。
そのため、誰でも気軽に受験できると言う性質があり、色々な受験者が集まります。

例えば、真剣に勉強して合格を狙っている受験者、ほとんど勉強もしない受験者、 学習ポイントや教材の質など考えず独学で勉強している受験者などです。

この中で、真剣に勉強して合格を狙っている受験者が多いと思っている方がいますが、
実は違います。
そのほとんどは、合格するのに程遠い人です。

このことは、何も通関士だけに言えることではなく、 受験資格がない国家資格全般に言えることなのです。
つまり、試験が難しいのにも関わらず、学力不足の受験者が多いので合格率が下がってしまうのです。

また、通関士の試験は、合格基準に達すれば合格できる絶対評価です。
例え、ライバルがどんなに強くても、合格点に届けば合格できるのです。
なので、合格率はあまり気にする必要がありません。

皆さんが気にしなければいけないのは、どうすれば合格点に届く勉強が出来るのかだけです。
難易度の高い試験ではありますが、知識0であっても十分合格できるチャンスはあります。